墓地について

墓地は自分のものになりません

墓地は法律で自由に作れないことになっています。地方自治体、宗教法人、公益法人のうち市区町村の許可を受けた者のみが墓地を作ることができます。そのため経営母体が宗教法人であればその宗派に従ったお墓に、地方自治体や公益法人であれば宗教色が薄く自由度が高いお墓になるという墓地ごとの特色が生まれます。あくまで墓地というのは管理者がいるものであり、その墓地を所有している管理者がいるものです。よくお墓を買ったという言葉が使われますが、実際にはお墓は買えません。ただその土地にお墓を建てるだけです。土地はあくまでも借り物で承継されるのは、お墓を使用する権利と墓石ということだけです。比較的管理費用が少なくて済む自治体の墓地が利用上便利なのですが、積極的に墓地建設を表明する自治体はないのが現状です。

さてこれから供養はどうするか

墓地を求め、墓を建てたのならその後の供養が大切です。自分はそのつもりはあってもその後のことはわかりますか。自分の死後、墓に対する事務費(使用料や管理費)のことはわかりますか。このように自分が死んだ後、墓に対するトラブルが後を絶ちません。生前から自分の墓の生い立ちや菩提寺との関係、あるいはなぜあの寺に自分の家の墓があるのかということをしっかり教えておくのが大切になってきます。そして先祖供養の大切さ、あるいは自分がなぜ今この世に生きているのかということを教えるのも大切なことだと思います。生きてることが先祖がいたからだということをお墓の前で教えてあげるのもよいことだと思います。供養をすることと、墓地の存在というのは切っても切れない関係になっています。

ピックアップ

墓地の出費

墓地にかかる出費は様々です。永代使用料を中心として、その他にも様々あります。霊園などは便利ですが経済的な負担は大きくなる傾向にあります。現在お墓は安価な物が増えており、今後も低価格のものが出てくるでしょう。

» readmore

成年後見について

高齢者が認知症によって正常な判断能力を失うことがあります。そのような際に、成年後見をつけることによって暮らしと財産を守る事ができます。様々な法的手続きがありますので、しっかり把握しておきましょう。

就活について

人生の終わりには相違を行ないます。人生の終わりに向かって様々な準備を整えることを就活と言います。就活で葬儀の内容を決めるといったこともありますので、葬儀社やセレモニーホールなどで打ち合わせをしましょう。

遺産相続について知る

遺産を相続する際に、血の繋がった家族と争わなくて済むように、遺言を作成しておきましょう。遺言を作成するメリットは数多くあるので、司法書士に委託して法的に効力のある遺言を作成しましょう。

オススメリンク

  • 大阪・兵庫の遺品整理・生前整理なら土金株式会社

    遺産整理はこちらの業者に依頼するといいですよ!すぐに自宅まで片付けに来てくれますよ。まずは電話しよう。
遺品整理は早めに行いましょう|業者への依頼で忙しくても安心