墓地の出費

日本では一般的に人が亡くなると火葬を行い、お墓へ納骨します。よって日本には多くの墓地が存在しています。 しかし墓地を購入するのはかなりの費用が必要となってきます。まず新しくお墓を建立する場合では永代使用料を言われる土地代と墓石費、工事費、彫刻費用を支払わなければなりません。全国の平均的な価格としては100万円前後から200万円程度となっています。土地が安い地域では50万前後から購入することも可能ですが、都市部や交通が便利な場所にある霊園はさらに費用が高くなってしまう傾向が強いです。特に関東地方などの都市部では価格の平均値が上昇し、150万円から300万円程度となっており墓地を購入するのは経済的負担が大きいことが言えます。

次に墓地の価格の傾向について説明をします。昔の日本人は先祖の供養を重要なことだと認識しており、きちんと墓地を購入しお墓を建て供養を行ってきました。しかし近年は多くの人が都市部で暮らすようになり先祖のお墓を継ぐ風習が薄れてきました。その結果お墓を持たない人が増加しています。 2000年代初期から比べるとお墓の購入価格は年々減少傾向にあります。現代の人はできるだけお墓にかける費用を抑えたいと考えるようになってきており、墓石の石種が比較的安価なものを選んだり洋型の石碑は石を使用する量が少ないため和型に比べると安いのでそちらの購入を希望する方も増えてきているので、今後もこのような傾向は継続することが予想されています。